S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
みかさん♪ いつも..
by utopia-amy at 14:49
肥後の菊池さん♪ ..
by utopia-amy at 14:45
お久しぶり~~~ ..
by 肥後の菊池 at 11:33
えみこさん!!!! 感..
by ひびきみか at 13:16
菊池さん♪ ありが..
by utopia-amy at 23:33
これからもなお一層仲良く..
by 肥後の菊池 at 10:29
肥後の菊池さん♪ ..
by utopia-amy at 23:25
Emikoさま こんにち..
by 肥後の菊池 at 12:22
みかさん♪ こちらこそ..
by utopia-amy at 23:52
先日もステキなひと時をあ..
by ひびきみか at 10:21
最新のトラックバック
すべての成功すべての巨富..
from 名言ブログ
ピローオハラ/ピローオハラ
from なるほどキーワード
恋愛心理学
from ブログアフィリエイトで日給8万円
千の風になって
from 宇宙猫星人の航海日誌
人生によりそい、がんと闘う

テレビNHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」を見ました。

「人生によりそい、がんと闘う」というタイトルで乳腺外科医の中村清吾さんが出演し、次のように紹介されていました。




「東京浅草で生まれ育った中村。父は町で知られた鍼灸師だった。
いつも患者のグチや悩みを聞きながら、時には厳しく、時には優しく対応していた父。
中村はそんな親の姿を見て医師の道を志した。
外科の道に進んだ中村は、いつしか病気を「治す」ことにばかり目を向けるようになってしまい、患者の「声」に真摯に耳を傾ける姿勢を忘れてしまっていた。

そんな時、幼子を連れた再発患者が中村を頼ってきた。
「一日でも長く生かせてあげたい」
しかし、抗がん剤を次々に投与しても効き目はなく、副作用の厳しさばかりが彼女を襲った。
そして彼女は「子供の世話をしたい」と言いながら苦しみながら息を引き取った。
中村は「自分のやり方は本当に正しかったのか」と、深く悩むようになる。
悩む中、中村は乳がん治療の先進国、アメリカでの研修を希望する。
ここで中村は患者をたくさんの専門家で共に診るチーム医療を知る。
彼らは治療だけでなく、患者のその後の生活まで見据えて相談にのっていた。
日本に帰った中村は、時間をかけながら同僚を説得。
2005年、チーム医療を本格的にスタートさせた」

病院の現場でチーム医療の在り方が映像を通して伝わってきます。
いかに患者さんの揺れ動く心のひだを読み取れるか、いかに患者さんの人生に寄り添うことができるか・・・。
患者さんの治療と人生のサポートをしようと日夜、努力されている中村医師の姿に感銘を受けました。

また「白衣を着ていると“先生”と思われるかもしれないけれど、それに溺れてはいけない。もっと謙虚でないといけない」「謙虚さを失うと、医師としての成長は止まってしまう」「医者は謙虚であれ」とおっしゃっていたのが印象的でした。「謙虚であれ」という言葉は医師に限らず、私たちも人間として忘れたくないことですね。

この番組を見ながら、私は10年ほど前の出来事を思い出していました。
それは、春の気配が感じられる季節になった頃でした。
健診の結果を聞きに病院に訪れた兄に医者から告げられたのは、まさかの肺がんの宣告でした。
ただちに入院、左肺の摘出手術。そして、手術後は抗がん剤治療と放射線治療が始まりました。
兄は苦しい副作用に耐えながら懸命にがんと闘っていました。
しかし、まだ体が若かったためでしょうか・・・
医者がもう手の施しようが無い、というところまで、がん細胞はものすごいスピードで兄の体を蝕んでいきました。
最後は脳にまでがん細胞は転移してしまい、遂に、家族が見守る中、その年の12月に兄は息を引き取りました。

当時、まだ中学生だった子ども二人を残して逝ってしまうのがどうにもやりきれなかったのでしょう。
兄は入院中、病室のベッドの中で、哀しみに顔を歪めながら「がん治療の苦しみには耐えることができる。
けれど、〇〇枝(義姉)と子どもたちを残していくのは耐えられない・・・あと、10年、あと10年でいいから生きていたい・・・」と私に訴えました。

運命は、時に容赦なく愛する人を遠い岸へと運び去ってしまうのですね。
[PR]
by utopia-amy | 2009-06-12 02:03 | ■ エッセイ
<< 兄と私 浄化(デトックス)と受容(赦し... >>

■■■■ PROFILE ■■■■
東京生まれ

19才の時、事故により生死をさまよい臨死体験をする。

ミシガン大学ELI修了。  
帰国後、結婚。
二人の男の子に恵まれ、子育てをしながら英語教室を運営する。
次男が5才で発病し、その息子を通して様々な神秘体験をし霊的理解が深まる。以来「幸せに生きる極意」を探求。「今、ここに生きる」ことの大切さを噛みしめている。

2001年、ヒプノセラピストとして開業。
 
■ アクエリアス・ナビ セラピスト養成 講座修了
■ 米国催眠療法協会(ABH)認定セラピスト
■ 日本メンタルヘルス協会認定基礎心理カウンセラー
■ 問題解決セラピスト養成講座修了
■ 真氣光 氣功師
■ レイキティーチャー
■ 澤谷鑛オフィス所属カウンセラー
■ 「ホ・オポノポノ」ベーシッククラス修了

お問い合わせはこちら→

===================
Emikoのおすすめサイト
===================
★ヒプノーティス
練馬区氷川台で催眠療法をされています。私がとても信頼しているおススメの女性セラピストです。
------------------------------
★ボディワークギャラリー響
心身のコンプレックスを解消するボーンメソッドを確立し、指導にあたっていらっしゃいます☆
「すべてのひとのなかに、存在する『宝物』を踊りや音楽……そして身体というツールを使って体感していく空間づくりに没頭中!!」(ひびきみかさんのHPより)
------------------------------
★Healing Salon Wonderful Awake (素晴らしき目覚め)
歯科医の顔を持つ一方、チャネラー、ヒーラーとして活躍されてる畠
山さんは、いつも「今、ここ」に全力投球される、とてもパワフルな方です。少年のような人なつこい笑顔に心がホッとなごみます。チャネラーとヒーラーの養成講座も開講中。
------------------------------

■■■LINKS■■■

○ 澤谷鑛 WEB SITE
○ 桑名正典ブログ
○ さくらみるく通信 ~アダルトチルドレンから回復するために~
○ 疲れたら癒されにおいでよ
○ みかっちの「しあわせ感性を高める」ブログ
○ 自分らしく輝く、ハートフルカラー数秘術
○ Macchiaな日々
○ 本当にあった!思考と現実の法則
○ 神田翔臣の改運術
○ 深遠なる家族の絆のものがたり
○ 私らしく
○ ほっとタイム
○ にこにこ日和
○ 服部幸子の公式ブログ
○ 三條のブログ/ライフ・ヒーリング【光の階梯】



その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧